読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BONXはconsulを使ってます

はじめまして、チケイのスケーター齊藤と申します。
昼食前に駒沢公園のスケートパークに滑りにくのが日課となっております。
今月は小さいクウォーターパイプでバックサイドディザスターを決めるのを目標に日々汗を流しております。

f:id:bonx:20160518103537g:plain

  

今日は雨のためスケートに繰り出せなかったのでBONXのインフラで使用しているconsulに関しての記事を書いてみることにしました。

consulとは、Service Discovery and Configuration made easy. (サービスの検出と設定を容易に行える仕組み) 

www.consul.io

 

以下、このconsulをBONXでどう活用しているかを書きたいと思います。

 

BONXのインフラ概要

AWSにどっぷり浸かっています。
AWSで稼働させているのは、主にサービスで使用しているAPIサーバ,VoIPサーバの2つとwebサイトのbonx.coです。
APIサーバはRoRVoIPサーバはGO言語でスクラッチビルド。
deploy環境を統一することで運用負荷を減らすためにAPIサーバVoIPサーバはElastic Beanstalkに乗せており、webサイトはS3にコンテンツを置いて素のEC2インスタンスから参照させています。
全体的な構成はRDS,Elasticacheなどを使用した一般的な感じとなっております。

APIサーバはユーザ情報やルーム情報といった会話に必要な機能を担い、VoIPサーバは通話部分の機能を担っております。

BONXでのconsulの使いどころ

  •  APIサーバからVoIPサーバを検出(抽出)する
    VoIPサーバのscoreを保持しておりルーム数が一番少ないVoIPサーバを検出し新規ルーム作成時に割当を行う
    マルチリージョンでVoIPサーバを稼働させるときは、これにGeoIPの判定が加わります
  •  VoIPサーバのダウンを検知してフェイルオーバーする
    バッチサーバからconsul watchを起動してVoIPサーバのダウンを検知したらフェイルオーバータスクが起動

consulの構成

  • serverは2台で1台は専用サーバでもう一台はバッチサーバに相乗りをさせている
    推奨サーバ数は3台ですが今現在は2台で稼働
  • APIサーバ、VoIPサーバがclientとなる
  • VoIPサーバの検出ができるように、VoIPサーバはサービス登録を行っている
    AWSのマルチリージョンにも対応させるためにtagsにリージョンを入れて割当時にフィルタリング出来るようにしている
    checksにはVoIPサーバの死活監視コンテンツを入れる

    gist5eb39c2d7f0a2813b2a286ae2838d383

 

所感

BONXの肝となる通話を担うVoIPサーバの検出と死活監視をconsulを使うことで比較的に簡単に行なえ、ダウン検知も素早く弊社のサービスを運用するには今現在最適なソリューションとなっております。

まだまだ使い倒してはおりませんが、今後はもう少し踏み込んでサービスに役立てていけると思っております。

 

最後に

チケイは開発チームにジョインしてくれる方を継続的に募集しております!興味がある方はぜひ一度話を聞くだけでもー!ソフトウェアエンジニアだけでなく、ハード側も含めて多数の職種を募集中です!

チケイ 株式会社の採用/求人 | 転職サイトGreen(グリーン)

jobs.forkwell.com

jobs.forkwell.com